AM6

 

クリエイターが早起きしたくなる部屋、AM6(エーエムシックス)のサイトで、建築家 古谷俊一さんと弊社代表の松本が対談をさせて頂きました。

 

ワヴデザインでは、クリエイターが早起きしたくなる部屋、AM6の商品開発、企画、全体ブランディングを、BETSUDAIさんとのコラボレーションのもと、手掛けさせて頂きました。

 

対談ではコンセプトでもある「早起きしたくなる部屋」が生まれるきっかけなどを話しています。
早起きといっても色々な形があるとおもいます。お気に入りの喫茶店でモーニングするため。近所をランニングするため。はたまた、通勤のためなど。

 

ただ早起きの目的は、外側になってしまいがち。そこで今回提案したのは「早起きしたくなる部屋」。
部屋が早起きを促してくれるのも、新しい早起きの形かもしれません。朝にしか見ることができない表情がある部屋。思わずコーヒーをゆっくり呑んでまどろみたくなる部屋。

 

住宅にとどまらずランドスケープのデザインも行なう、建築家 古谷俊一さんとの共同作業だからこそ生まれた部屋。その誕生までの経緯を対談しています。

 

この対談以外にも、様々なクリエイターの方のインタビューもあるので、是非併せてご覧ください。

 

http://am6.resumu.com/interview/05/