Work

Next Project

Feel The Flow Chill in Hakone

Emblem Flow Hakone

Feel The Flow Chill in Hakone Emblem Flow Hakone

2018年11月、エンブレムホテルが手掛ける宿泊施設EMBLEM FLOW HAKONEが箱根の強羅に誕生しました。優れた泉質、豊かな自然はもちろん、東海道に面していたこともあり、古来から多くの人々が行き交う歴史ある地に、Feel the flow, Chill in Hakone.をコンセプトにフレンドリーで緩やかなつながりを感じられる空間が出来上がりました。東京・金沢で地域交流型ホテルを展開している同社は、地域や人との「つながり」をサービスの核に据え、「トリップアドバイザー」のランキングで東京1位を獲得するなど、多くの海外ゲストを魅了し続けています。ワヴデザインでは、この施設のネーミング、コンセプト、内装ディレクション、サイン計画、ツール、ウェブなど包括的なブランディングを手掛けました。

Approch

このホテルをどんな空間にするべきか。現地視察は10回以上に及びました。ベースとなったのは、エンブレムホテル株式会社が大切にしている「人との“つながり”」という理念。それをかたちにするためには、幅広い人々を受け容れるニュートラルな感覚が必須になると考え、内装は極力シンプルなデザインに。そして、温泉が「流れ出す」、人々が「漂う」という、この場所らしいチルな空気感を「FLOW」 というキーワードにまとめ、この施設の核となるコンセプトとしました。

Logo

「FLOW」というキーワードのもと、ロゴでは、「漂う」さま、つまり、チルな空気感の中で心を豊かにリフレッシュできる、ポジティブな場を表現。さらに、この土地ならではの風景や体験もモチーフに。急峻な傾斜を登る箱根登山鉄道の名物、「スイッチバック」、ジグザグに進む、この独特の線路の進むさまもフォルムに取り入れました。シンプルでありながらもシンボリック、またこの地と同社が持つフレンドリーさも兼ね備えた、核となるロゴを視覚化しました。

Sub Graphic

シンプルでニュートラル、そしてポジティブ、フレンドリーさも感じる「FLOW」な空気感。サイン計画・ツールでも、そのコンセプトを一貫したベースに置き、複数に及ぶ制作物にアプローチしました。ロゴでデザインした「FLOW」のイメージ=「揺らめく波線」をサイン・ツールにも展開。リラックスしたひとときの中で、自然と緩む人々の口元をイメージして、人型ピクトグラムの口元にこの波線をあしらいました。全体を通して、ロゴ・サイン・ツールが一体となる仕上がりで、施設内の空気・体験をつくる、大事な一役を担いました。

客観的にエンブレムの本質をとらえて言語化する。それをビジュアライズし、様々な制作物に落とし込んでいく。その制作過程は、柔軟性があり、我々の意見もニュートラルに聞いてまとめてもらえる、そこが大きな魅力です。また、衣食住に関する知見の豊富さ、永続的な観点も意識して取り組む制作物にも信頼を寄せています。引き続き、今後もプロジェクトをともにしましょう。

EMBLEM HOTEL CEO Yosuke Irie

Project Team
Client
Creative director
Art director
Designer
Assistant Designer
EMBLEM HAKONE
Tatsuhiko Matsumoto
Kazuya Yamaguchi
Kazuya Yamaguchi
Taiki Yamane
Work scope
Design Consulting
Creative Direction
Art Direction
Photo Direction
Interior Direction
Uniform Direction
Brand Identity Design
Signage Design
Tool Design
Digital Design